Cross-Country
bigoff.exblog.jp

ビッグオフでクロカン、人生もクロカン・・・
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ:日高( 3 )
ITDE 1987
カツヤ殿、懐かしい写真ハケーン!
青DTはタイヤ積んでるようやけど、自分で交換したん?
これで、競技に出たくなってくるはず、ふふふ・・・
しかし、随分経ってるのに、やってること変わってへんな・・・。
c0006184_2259150.jpg

[PR]
by Cross-Country | 2005-05-19 23:01 | 日高
日高
私は単純なので、今猛烈に「日高」に出たい気持ちなのである。

今日、押入れを整理してるとダンボールの中に2本のビデオテープを発見。タイトルも書いてなかったので、エロビデオでも隠して忘れてしもたんかな?こんなん中2の娘に見られたら二度と口をきいてくれへんようになるで、などと心配しつつ、内容を確認してみた。

1本はテレビでやってた昔のパリダカの特集番組。もう1本はたぶん十数年前の水曜なんとかっていう2時間ドラマ。このドラマがいけなかった。内容は藤竜也扮する主人公が、XT200でHTDEに出場するってやつで、実際にHTDEの開催に合わせて撮影されたもの。

一応、出場者の人生なんかも描写されているのだが、1日目完走した人の奥さんがその日に病院で亡くなり急遽帰る(なんと自走で)、ていうのとか、勤めていた会社を辞め、その会社の社長の娘とも婚約を破棄(娘:石野真子は日高まで追いかけてくる)とか、主人公そのものも製鉄所を辞めてから職を転々として人生投げやりになってしまい、奥さんと息子に愛想をつかされる(勤めていた清掃の仕事も、出場のための有休を申請したらクビになってしまった)とか、なんだかとてつもなく暗い・・・。

主人公は離婚直前、最後にHTDEに出場し完走する姿を息子に見せたい、っていう設定なので川渡り、ヌタ場、ヒルクライムなど一生懸命走るのだが、タイムアウト直前にゴール近くまでXT200を押しながら現れるも(エンジントラブルか?)、見ていられなくなった息子がマシンを押して失格。でも、最後は、レース後に主人公夫婦が別れた後、空港で奥さんと息子がもう一度やり直す事を決めて主人公の元へ引き返す、でハッピーエンド。よかったよかった。

今年のHTDEは、80GSでどこまでやれるか、19年振りのリベンジ、っていうのもいいかも。でも、800は出れなかったかなー?。
[PR]
by Cross-Country | 2005-01-24 20:20 | 日高
ITDE1986
今から18年前、北海道日高で初めて行われたITDE「インターナショナル2DAYSエンデューロ」。それまでは苫小牧で2回行われていた。現在も主催者は変ったが、HTDEとして開催されている。当時の日高は現在のISDEスタイルとは異なり、規定タイム以内で周回数をこなすという設定だったが、難易度の高いコースということもあってか完走率は極めて低かった。

私が一番乗れていた20歳の時、当時国内オフロードマシン最強のDT200Rで出場したが、惜しくも10数分足りずタイムオーバーリタイア。翌年も出場するも練習不足で大幅のタイムオーバーにてリタイアとなってしまった。

当時このようなレースを総称して「オープンエンデューロ」と言い、各地で盛んに行われはじめていた。ダートも今より豊富に存在した時代の1コマ。

c0006184_1112311.jpg

[PR]
by Cross-Country | 2004-12-05 00:50 | 日高